四足エンジン旅日記

四国八十八ヶ所歩き遍路の体験記を掲載しています。

Top page  1/16

ほろ苦の街

CATEGORY雑記
さて何から書こう。ブログを書くのは久しぶりだ。

そうそう、こないだ発売されたばかりのOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)の新アルバム『OAU』を買ったんだ。すごく気に入りエンドレスリピートしている。なんだろう、「大人の遊び」という言葉が合うように思う。アコースティックの穏やかで重厚なサウンドにやや抽象的な歌詞。少しの暗さをまとった喜び、熟成された深みある落ち着き。こんな大人になりたい。



先日結婚式に呼ばれて久しぶりに石川県まで行ってきた。

彼は前にいた会社の石川部署の同期で、東京での集合研修時代から仲が良く、一年半後ぼくが石川へ転勤になってからは同じフロアで毎日顔を合わせることになる。休日には知り合いのほとんどいない僕をドライブやらご飯やらに連れて行ってくれた。そんなあいつの結婚式に呼ばれて、僕は2年半ぶりに石川を訪れたんだ。

石川にはちょっと苦い思い出がある。

東京から転勤で引っ越してきて半年、ぼくは鬱病になり、会社を休んだ。そのまま休職は続き、結局一年後に退職し、石川を離れることになる。原因は仕事の重圧に加えて日本海側特有の冬の暗さもあり、いまだにあの太陽の見えない毎日がふと頭をよぎる。

吐きそうになりながら乗った電車。
夜遅くに寄った近所のコンビニ。
通った病院。
平日に時間をもてあまして立ち読みした書店。
美味しかった金沢カレー。

結婚式が始まるその前に、それらの今を探しに行った。何にも罪はないのにぼくの記憶の中で勝手に苦い味付けになっているその景色を探しに。コンビニは潰れていた。深夜に働いていたおじいちゃんと若い女性の今を思う。永遠なんて無いし、それはぼくとは無関係に変化していく。

結婚式が始まった。会場ではかつての同期数名と再会した。新人研修で初めて出会ってから早5年。思い出話のなかで、あの時に見せた学生の香りが消え、すっかり大人になっていることにみんなで笑い合った。出席者のうちぼくを含めて半数は転職していて、もう実際は同期ではなくなっていたのも驚いた。



みんないつまでも同じままではいられない。職を変え、関係を変え、土地を変え生きていく。
曲がりくねったそれぞれの人生が交差する、そのタイミングで出会っただけだ。

世界には事実だけがある。そこに何を見出すかはその人次第で、たまたまの同期から友人と立場を変えて交流を続ける人がいれば、たまたまの友人から夫婦へと立場を変えて人生を共にする人もいる。それは必然の場合もあるし、意図した場合もある。

遠ざけようとしても完全に関係を断つことが出来ないことがあって、それが「縁」で、ぼくはやっぱり石川県に2年半越しに帰ってきた。



久しぶりの街並みは、同期は、上司は、変わらずぼくを迎えてくれた。少しギクシャクしたその顔の下に、お互いの今を思う気持ちがある。会場のピアノの演奏が、穏やかな時間を作ってくれていた。

「ほんとにあの選択で良かったのかい?」
思い出すあの日々の匂いは、過去の選択への後悔はしないと決めたぼくをからかいながら消えていく。華やかな会場を後にした車の中で、かつて住んでいたアパートが過ぎ去っていったのを見た。


***


旅人になる夢を見た。

遠い未来のことは分からない。確かなことは目の前の分岐だけ。道が直進と左折だけなら悩まないのに、あいにくそこはT字路だった。ある人は右折しろと言う。ある人は逆走しろと言う。

いったん眠りに落ちたぼくは、ふと目覚めて山の間から見える透明な星にたずねた。動悸は止み、まぶたの裏にいる自分に気づく。誰もがかっ飛ばすその峠越えの道の真ん中で、途切れたエンジン音の合間から虫の音が響く。「どうしてそんなに急いでるの?」 僕はいつの間にかまた一人になり、確かな足取りで歩き始めていた。

この道しかないと決めるより、出会った人に教わった寄り道をした方がきっと面白いことになる。そういったマインドを得てしまったのは、ぼくが旅を知ってしまったからで、でも果たしてそれを人生に当てはめることが良いのかは分からない。でもそうした生き方をしている人を旅先で何人も見たから、出来ないことはないんだろうと思う。

抽象的な気持ちは言語化が難しい。日常生活で出会う人にはほとんどぼくの気持ちを説明できず、やはり直進が一番無難だということになってしまいそうだったので、ぼくは目覚ましを鳴らして起床した。


***


年度明けからもしかすると新しい生き方をするかもしれない。
職を変え、関係を変え、土地を変える。

直進すればいいものを、わざわざ曲がるから、周りからは反発を受ける。でも言い訳をするならば、ぼくはそこをT字路として見たいのだ。思考停止という薬を使わずに、あえて自分に刃を向けて選択をし続ける。でも実は、それは自分だけじゃない。周りの人も少しずつ変わっていく。永遠が無いのなら、能動的にいこうぜ。

曲がってしまえば現在は過去になり、直進していく仲間とは交わらなくなる。でもきっとまた、しばらくしてぼくらはまた会える。そのとき、ほろ苦い思い出とともにお互いが新たな道にいることに気づく日が来るはずだ。

決断は、過去の自分との別れだと思いがちだけど、そうじゃない。道を折れることだ。だから、過去に暮らした日々の延長線上に今があることには変わりがない。いろんな土地を股にかけたぼくのこれまでの道、そしてこれからも。疲れることもあるけど、きっと楽しいんじゃない?

元気になったら、たまには寄り道して昔の道に来るのもアリだ。潰れたコンビニの後にはきっとまた新しいお店が開くだろう、それを見に行こう。


***


疲れた日々に歩みを止めず/たどり着かない当てなき旅を/希望と呼んで
戻らない時計の針を素直に見つめ/いらないものを捨てて生まれる/豊かさ呼んで

OAU『OAU』一曲目 A Better Life より



【通販】『ネパールスケッチ旅日記』の通販開始しました

CATEGORY同人活動
2019年GWのネパールスケッチ旅の模様をまとめた『ネパールスケッチ旅日記』を作りました^^
例によって通販サイト BOOTH にて通販を始めましたので、ぜひどうぞ♪
https://maarusei.booth.pm/items/1476398

・B5/32ページ/フルカラー
・透明水彩の風景画が11点
・画集+写真集+旅エッセイ
・1,000円

説明文:
2019年GWのネパールスケッチ旅をまとめた旅日記を作りました。訪れた場所はカトマンズ、ダンプス、ポカラ、バンディプル。やや内省的ではありますが各地での出来事や感じたことなども書いてます。旅行ガイド本ではないので具体的な情報はあまり載せていませんが、旅情を感じてもらえると嬉しいです。
★おまけ:風景画のポストカード3点もつきます


これまでの旅の紀行文はブログに書いていましたが、今回のネパール旅はスケッチもしたしネタ的におもしろいかなと思い、ブログではなく本にしてみました。写真もあるので旅情たっぷりかと思います。他のバックパック系の旅行記との違いはやっぱりスケッチの有無で、それは旅そのもののスタンスにも影響してると思うんですよねぇ。そのあたりの思考は勿論この本でも触れています。

なお文章は、ブログほどではないけど、やや内省的ないつものテンションで書いてます。ブログを読んでくださった方なら楽しんでいただけるかと思いますが(笑)

まぁ何にせよ、自分のスケッチを印刷することができてかなり嬉しいです。またスケッチ旅どこかしにいきたいなぁ。


ネパールスケッチ01

ネパールスケッチ02

ネパールスケッチ03


【通販】『ボンノウ遍路2高知前篇』の通販開始しました

CATEGORY同人活動
『ボンノウ遍路2高知前篇』の通販を開始しました。

ボンノウ遍路2高知前篇(BOOTHサイトに飛びます)


2016年の四国遍路の経験をもとに描いている漫画『ボンノウ遍路』、2巻高知前篇ができました。徳島県から高知県に入り、一週間かけて高知市にたどり着くまでの8話分を収録しています。興味ある方はぜひお求めください^^

---

さてさて、2019年6月15日に開催された、旅と地理のオンリーイベント「旅チケット」に参加してきました。昨年の11月のCOMITIA126から半年とすこし経ち、2度目の即売会参加となりました。オンリーイベントということで、こぢんまりとサークル主同士でわいわいやって終わるのかなと思いきや、一般参加の方も多く来られてて、コミティアよりむしろ楽しかったです(笑)

サークル主も旅好きなら一般参加者も旅好きで、それもレベルが高い人もちらほらいて圧倒されることも。GWのネパールスケッチ旅のスケッチを展示していたのですが、それを見て、年輩の夫婦?がアツく話しかけてきて・・・チベット仏教圏はだいたい行ったとか、ぜひチベットやらウイグルやらロシアに行ってスケッチしてほしいとか、でも外国人がスケッチしてたらスパイと思われて逮捕されるかもね(笑)、とか言われてちょっとビビったりとか。いや~レベル高かった。

ネパールスケッチは売り物ではなく展示だったのですが、水彩絵の具でスケッチをしているという方や、絵が好きという方などから好評でした。近いうちに写真とまとめて旅日記でも作ります、はい(がんばるぞ~!)

僕のスペースに来てくださった人となるべく会話するようにしていたんですが、意外にも四国未上陸!の人が多かったので、オススメしときました。ご飯がおいしいし、自然もたっぷり。夏の高知の太平洋はいいっすよ~^^
ブログを読んでくださっている方や、Twitterで見ましたという方などにも会えて、やっぱり通販で売るだけではなく、こういう即売会に参加することの意味を見いだせたように思えました。旅が好きな作者さんってだけでも親近感がわくし、それぞれの本を買って読んで、いい刺激にもなります。

さて肝心の売り上げですが、なんと1・2巻それぞれ15冊ずつくらい売れまして、COMITIA126を軽く超えました(笑)やった~♪部数と印刷の品質のこだわりのせいで値段が高めにせざるをえず申し訳ないのですが、やはり買っていただくと嬉しいですね。


翌日の日曜日は、昨年の4月の区切り遍路で出会った水谷さん(バカチャレンジャ~おじさん)と一年ぶりにランチをしてきました。それぞれの旅の報告やら、人生についての話やら...。2人とも性格が内向的で、3年前にウツになって休職、お遍路に行った(しかも同時期に)ということから親近感があるのですが、やはり今回も話がディープな方に弾むこと弾むこと...^^ 昼間からとっても楽しいひとときになりました。僕がさいきんもやもやしてることも見抜かれてるようで、まあ僕も色々と、動いていかにゃあなぁという気持ちを再確認しましたね。(あいまい)

水谷さんのバイクに乗せてもらってご飯やさんまで移動(ニケツ)したのですが、僕、じつは人生初バイクだったんですよ。最初は生身で道路の真ん中を走るのとスピードとにビビってたんですが、慣れるとめちゃくちゃ爽快感があって、天気も良かったし、サイコーでした。バイク、いいね。

---

次回のイベント参加はおそらく、また11月のCOMITIAになるかと思います。新刊は・・・「ネパールスケッチ旅日記」かな。それより前に通販先行で販売もすると思います。あ、ボンノウ遍路③はあと半年以上お待ちくださいm(__)m
8月のCOMITIAは私用があって行けないから、しばらく開いちゃいますね。9,10月あたりになんか参加できそうなイベントがあれば出てもいいかなとは思うけど。オススメのんあったら教えてください^^





ではでは。

【告知】ボンノウ遍路2高知前篇 6/15(土)旅チケットにて頒布

CATEGORY同人活動
四国遍路のマンガ「ボンノウ遍路」の2巻、高知前篇ができました。
6/15に開催される旅と地理のオンリーイベント「旅チケット」にて頒布します!

というわけで告知です^^

ボンノウ遍路2

07_8話_108_8話_209_8話_310_8話_412_9話_113_9話_214_9話_3コマ寄せ集め

■詳細
イベント:旅チケット("旅"と"地理"のオンリーイベント)
頒布日:2019年6月15日(土)12:00~15:00
スペース:東京・錦商会館4階 東9
価格:800円予定
ページ数:72ページ

■目次
8. 波
9. コース アウト
10. 夫婦岩
11. 空海
12. 死出の旅
13. 白濁
14. 雨
15.塞翁が馬

■解説
WEBで随時公開しているボンノウ遍路のうち、第8話から第15話までを本にしました。1巻の続きで、徳島は薬王寺から、高知に入り、高知市のあたりまでです。今回も、最初に公開したものから多少のセリフ修正や加筆をしてます。ページ数はなんと20Pも増えました!一話分多いのと、一話あたりのページ数が増えたからですね。

表紙は室戸岬の岩と海を描きました。お遍路要素は全然無いんですけど(笑)
室戸岬の岩は特徴的なので、お遍路経験者なら分かるだろうと思って描いてたんですが、よく考えてみると、意外とみんな室戸岬ってスルーするんですよね、岬の先端の手前から山に入って最御崎寺に行き、そのまま道路で西側に出るルートとる人が大多数なので...。

参加する「旅チケット」というイベント、旅に関する同人誌が集まるようなので楽しみです。新しい仲間が出来るといいなぁ~。旅の布教企画みたいなんもあるらしいので、お遍路を布教してきますよ~。

後日通販もする予定なので、ご興味あるかたはどうろよろしくお願いします。
ネパール本は・・・夏休み以降を予定してます、ちょっと待ってね☆

それでは!

ネパール行ってきました

GWの10連休+有給休暇1日を利用してネパール行ってきて、無事に帰ってきました。

初めての海外一人旅&バックパッカー&スケッチということで色々手探りでしたが、終わってみれば、わりとしっかりバックパッカーな旅が出来て満足してます。1泊500ルピー(≒500円)の宿とかにも泊まったよ。窓が閉まらず大量の蚊に襲われて寝れませんでした(笑)
スケッチも11枚も描けましたよ。

海外はやはり常時気を張っているので疲れますね。刺激は多くて楽しいんだけど。1年間の海外放浪旅とかしている人、よくこれをずっと続けられるなぁって尊敬します(笑)いや、だんだん慣れて何も感じなくなっていくのかもしれんけど。



今回のスケッチの絵と写真を織り交ぜた、旅日記みたいなカラーの画集(←ちょっと大袈裟)をそのうち作ろうと計画してます。同人イベントで頒布するかもですし、先に通販するかも。良かったらぜひ手に取ってください~。



で、ブログには旅程やルート、予算などをまとめた感じの旅日記を書こうとは思ってるんですが、実はちょいと夏まで趣味方面で色々多忙でして、ブログに時間をさけそうにないんですよね・・・

なので、それまでは僕のInstagramの写真をご覧いただけると嬉しいです。写真は色々アップしてますのでm(__)m


いやぁ、6月15日の同人イベント「旅チケット」に向けたお遍路のマンガ(ボンノウ遍路)の製本のための準備があるし、8月の夏コミに別ジャンルで出るのでその準備もあるし、その他登山とかイベント参加とか色々・・・あって(笑)

というわけで言い訳がましい報告記事なわけですが、どうぞよろしく、よろしく。